メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)

メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)について・・・
メンタルケア心理士総合講座(実技実践付)は、メンタルケア心理士講座とメンタルケア心理専門士講座のセット講座のことを指します。メンタルケアでもより上級のものを目指したいという方におすすめです。
メンタルケア心理士講座では、クライアントの声を聞くだけではなく、心の専門家として相談に乗ったり、援助したりといったことができるだけの知識とスキルを身につけていきます。特に、現代はストレス社会と言われるほどの時代です。心に問題を抱えている方や心の病となってしまっている方も多いものです。そういった方の力になるためにも、精神疾患の原因を探り、精神障害を医学的に捉えていきます。心理学だけではなく、カウンセリングの基本的な技法を身につけて、実際にサポートできるような人材になれることを目指していきます。メンタルケアとコミュニケーションスキルを磨き、いつどんなときでも役立てるような心理カウンセラーを目指します。
メンタルケア心理専門士講座では、現代社会におけるいろいろな課題や問題を心理学的な面から学んでいき、社会で活躍していくことのできるカウンセラーを目指していきます。心と体の両面から心理学の基礎知識を学んでいくだけではなく、よりひとりひとりに合ったパーソナルなカウンセリングができるよう学びを深めていきます。現代社会で考えられるあらゆる精神疾患の事例、そういったものをケアしていくためのあらゆる療法を取り上げた学習になります。ただのカウンセリングだけではなく、一歩踏み込んだカウンセリング、ひとりひとりに合ったカウンセリングをできるように、上級レベルの内容を勉強していくことになります。実際に、カウンセラーとして専門的なケアができるような人材育成を目指していきます。

 

メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)はお得!
メンタルケア心理士総合講座(カウンセリング実技実践付)は、先でもお話ししたようにメンタルケア心理士講座とメンタルケア心理専門士講座のセット講座となっています。セット講座というのは、それぞれの講座を別々で受講するよりも料金面でもお得になります。順番にひとつひとつを受講していくのもいいのですが、続けて学ぶことがわかっているのであればセット講座を利用したほうがお金の面でも効率的です。初心者でもできるだけ早くにカウンセラーとして活躍したいという気持ちを持っている方におすすめです。

 

メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)

 

メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)

メンタルケア心理士総合講座 (カウンセリング実技実践付)は、メンタルケア心理士(R)、准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士を目標資格としている講座になります。メンタルケア心理士講座とメンタルケア心理専門士講座のセット講座となっていますので、長期間にわたりしっかりと勉強をしていくことができます。標準学習期間は12か月、在籍期間は18か月でその間に添削は14回もあります。腰を据えて勉強したい方におすすめです。