メンタルケアトリプル講座 (カウンセリング実技実践付)

メンタルケアトリプル講座 (カウンセリング実技実践付)について・・・
メンタルケアトリプル講座 (カウンセリング実技実践付)は、メンタルケアカウンセラー講座とメンタルケア心理士講座、メンタルケア心理専門士講座、カウンセリング実技実践プログラムのセット講座のことを指します。基礎心理学から精神疾患の具体的な事例と療法を勉強していき、上級資格の取得を目指していきます。
心理学というと難しいと思われがちなのですが、そういったイメージを覆すような親しみやすい形での勉強から入り、徐々にレベルアップした内容を勉強していきます。キャラクターを使った心理学の基礎の勉強、一歩踏み込んだ精神疾患や精神障害のサポートを目指す基礎心理学の勉強、より具体的な精神疾患や精神療法の知識を身につける上級コースまでがセットになっています。初心者から心理学を勉強し、できるだけ短期間で専門的に活躍していきたいという方におすすめの講座です。
メンタルケアカウンセラー講座では、カウンセリングや心理療法、心と体の関係など心理学における基礎的な部分を勉強していきます。心理学を勉強するのであれば絶対に外すことのできない内容を網羅している講座であるといってもいいでしょう。心理学とは何かという部分を解決してくれる講座でもあります。
メンタルケア心理士講座では、臨床心理として医学的な面からも相談や援助ができるように目指していきます。カウンセリングの基本的な技法から、より専門的な精神解剖生理学や精神医科学といったところまでを勉強していくことになります。内容がレベルアップしているのを感じるでしょうから、モチベーションも高まります。
メンタルケア心理専門士講座では、よりひとりひとりに合ったカウンセリングできるような勉強をしていくことになります。いろいろな精神疾患について学び、その事例とそのための療法についても詳しく勉強していくことになります。実際に、医療機関などでカウンセラーとして活躍できるようなレベルでの勉強をしていくことになります。。

 

バックアップも充実している!
メンタルケアトリプル講座 (カウンセリング実技実践付)ではバックアップも充実しています。標準学習期間となっている15か月以内にすべての添削課題の提出、定められた基準のクリア、講座の修了が可能だった場合、実際に支払った受講料の20%を給付金として還元する制度を設けられています。モチベーションにもつながりますし、現実的にも嬉しい制度なのではないでしょうか。

 

メンタルケアトリプル講座(カウンセリング実技実践付)

 

メンタルケアトリプル講座(カウンセリング実技実践付)

メンタルケアトリプル講座(カウンセリング実技実践付)は、メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の3つを目標資格としている講座になります。メンタルケアカウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士の順番で資格取得を目指していきます。勉強はテキストとDVDで進めていき、レポートの提出で理解度を確かめ、認定テストを受けていくことになります。大切な実技も学べる講座となっています。