メンタルケア心理専門士資格とは?

メンタルケア心理専門士資格について・・・
メンタルケア心理専門士資格というのは、メンタルケア心理士の上級資格としての位置付けになります。メンタルケア心理士で修得した心理学における基礎をさらに専門知識体系にわけ、その理解度を問うていくものです。メンタルケア心理専門士においては、相談援助、つまりカウンセリングをおこなっていく援助者であることだけではなく、心の健康を保つために障害を未然に防ぐ知識の修得、そのための各種療法や心理検査の概念や解釈などについてしっかりと身につけていくことが求められます。
また、メンタルケアや心理学というのは日常の何気ないシーンでも役立つものです。そういった部分での生活応用心理はもちろん、カウンセリングが必要となるであろうさまざまな業種や職種における関連法規などの知識も問われることになります。つまり、かなりの広範囲の勉強をしていく必要があるのです。メンタルケア心理専門士資格取得後には、メンタルケア学術学会へ参加することもできるようになります。これによって、これまでに身につけた知識の応用力をさらに研究していくことができますし、その中でカウンセリングの可能性というものを広げることができるのではないでしょうか。ストレス社会となっている現代だからこそ、心理学やメンタルヘルスについて十分に学び、それを生活の中で活かしていくべきです。その知識やスキルを使って、他の人を支援するのもいいでしょう。
基本的にメンタルケア心理専門士資格は、医療や福祉、教育、産業、公共サービスなどでの相談援助や心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務従事職やコミュニケーション向上で求められる応用能力を持っていることを証明する資格なのです。

 

メンタルケア心理専門士資格の受験資格について
メンタルケア心理専門士資格の資格取得を目指すのであれば、まずは受験資格を満たしておく必要があります。メンタルケア心理専門士資格の受験資格については、メンタルケア心理士認定試験に合格した方、臨床心理士の資格を持っている方、心理隣接研究や専攻科修士の方となっています。これらの受験資格を満たしている受験希望の方は、学位証明書と履修証明書のコピーを提出後に、審査を受けることになります。審査においては、書類到着から7営業日ほど必要になりますので、資格取得を急いでいる方はこの審査にかかる時間もしっかりと考慮しておきたいものです。