准メンタルケア心理専門士認定試験の概要

准メンタルケア心理専門士の認定試験の受験資格
准メンタルケア心理専門士の認定試験を受けるためには、一定の受験資格をクリアしていなければなりません。まずは、准メンタルケア心理専門士の受験資格について見ていきましょう。
メンタルケア心理士の認定試験に合格している方、臨床心理士の資格を持っている方、心理隣接研究や専攻科修士の方が受験資格を満たしていることになります。これらに当てはまる受験希望者の方は、学位証明書と履修証明書のコピーを提出後に審査を受けることになります。審査には書類到着から7営業日ほどかかるといわれていますので、注意しておきましょう。
医療福祉情報実務能力協会指定教育機関の学習を受けている方が准メンタルケア心理専門士を受験する際には、願書に教育機関名(学校名)と学籍番号、学習開始日を明記することを忘れないようにしましょう。
准メンタルケア心理専門士は、メンタルケア心理士とメンタルケア心理専門士の中間的な資格として作られたものです。メンタルケア心理士からメンタルケア心理専門士を目指すことはできますが、メンタルケア心理士をクリアしないままに准メンタルケア心理専門士を受験することはできません。資格を順番に取得しているという方は、このあたりにも気を付けておきたいものです。

 

准メンタルケア心理専門士の認定試験の出題範囲
准メンタルケア心理専門士の認定試験における出題範囲というのはどうなっているのでしょうか。メンタルケア心理士の分野全般に加えて、さらに専門的な内容が求められるようになります。
精神医科学緒論においては、知能指数や質問紙法をはじめとした検査学や事例検証、処方せん学などについて勉強することになります。カウンセリング技法とも呼ばれる面接技法においては、看護とカウンセリング、コミュニケーション方法、調査や査定といった心理アセスメント、守秘義務などの倫理、視線や座り方などのカウンセリングの準備、重要になってくるインテーク面接、ラポートと共感などを勉強することになります。他にも、応用生活心理学や心理療法と呼ばれるカウンセリング技法、精神予防政策学などについても勉強していくことになります。
つまり、これだけの広範囲の勉強をしなければいけないのです。プレッシャーを感じるかもしれませんが、在宅受験ということもありリラックスしていつもの力を発揮することができれば十分合格を狙うことができるでしょう。