心理カウンセラーになる手っ取り早い資格がメンタルケア心理士

心理カウンセラーという資格はない
心のケアというものが重視されるようになった今の時代だからこそ、心理カウンセラーという職業に憧れている方も多いのではないでしょうか。実際に、心理カウンセラーに限らず心理学というのは非常に注目を浴びており、人気が高まっています。中には心理カウンセラーになるために情報収集を始めているという方もいるのではないでしょうか。しかしながら、実際に調べてみると「心理カウンセラー」という名前の資格がないことに気づくはずです。確かに心理カウンセラーという名前の資格は存在しません。
というのも、心理学というのは日本ではまだまだ発展途上で、国家資格すらない状態なのです。その代わりというわけでもないのですが、民間資格がかなり多くなっており、心理カウンセラーに相当する資格がたくさん存在しているのです。もともと心理カウンセラーという資格がないこともあり、心理系の民間資格を取得して心理カウンセラーを自称する方も多くなっています。
心理系の資格で一番難しいとされているのが臨床心理士なのですが、臨床心理士の取得のためには指定の大学院の卒業をする必要がありますので、とても気軽には取得を目指すことができません。

 

メンタルケア心理士で心理カウンセラーに
民間の資格でも自称することのできる心理カウンセラーですが、人の心にアプローチしていく仕事になりますので、やはりそこで信頼や信用というものが重要になってきます。民間の資格では認知度が足りない、一番難しい臨床心理士ではハードルが高すぎるとなったときに、役立ってくれるのがメンタルケア心理士という資格です。
メンタルケア心理士は認知度も高い上に、権威のある資格となっています。さらに、通信講座が用意されていますので忙しい社会人の方でも気軽に取得を目指していくことができるのです。メンタルケア心理士というのは言ってしまえば、心理カウンセラーとしての初級レベルの資格になります。最低ラインといってもいいでしょう。ですが、勉強が必要な上に試験もありますし、認定証書ももらうことができます。手っ取り早く心理カウンセラーを目指すのであれば、まずはメンタルケア心理士の資格を取得してみてはどうでしょうか。メンタルケア心理士のさらに上のレベルの資格もありますので、上を目指していくこともできますし、取得することができれば心理カウンセラーとしての信頼や信用にもつながっていきます。