臨床心理士も含め心理カウンセラー資格には国家資格はない

心理カウンセラー資格には国家資格がない
海外ドラマや映画などでは、当たり前のように心理カウンセラーによるカウンセリング風景が登場するものです。日本も人の心のケアの重要性というものには気づいているのですが、海外に比べるとまだまだ遅れています。その証拠というわけではないのですが、日本においては心理カウンセラー資格の国家資格というものが存在しないのです。
心理カウンセラー資格の中でももっとも難しいとされているのが臨床心理士なのですが、この臨床心理士ですら国家資格ではないのです。もちろん、臨床心理士を国家資格にしようという話も出ているのですが、現段階では大きな動きというものはありません。
心理カウンセラーというと国家資格を取得して名乗るものというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そもそも心理カウンセラーという名前の資格はなく、心理カウンセラーに相当する民間の資格がたくさん存在しているだけなのです。民間の心理カウンセラー資格を取得するか、財団法人日本心理士資格認定協会から認定を受けるか・・・現時点では心理カウンセラーを名乗るのに必要なのはこれだけなのです。

 

なぜ国家資格がないのか
では、心理カウンセラー資格にはなぜ国家資格がないのでしょうか。実際に心理学やカウンセリングについて勉強してみると、思った以上に専門的なことが多く、難しさを感じることもあるでしょう。国家資格でもおかしくないほど、専門的なことを勉強していくことになります。
心理カウンセラー資格に国家資格がないのは、保健医療との関係によるものだといわれています。というのも、心理カウンセラーは、抗うつ剤といった精神的な病気に効果のある薬を処方するといったいわゆる医療行為はできません。基本的に医療に限らずどのような業界でも必要とされる心理学ですが、医療法の上では心理カウンセラーは医師としては認められてないのです。だからこそ、国家資格として認められないのです。
ただ、国家資格がないからといって心理カウンセラーが不要というわけではありません。むしろ、今の時代だからこそ心理カウンセラーは必要とされているのです。国家資格として心理カウンセラー資格が認定されるのは喜ばしいことですが、これまでのように気軽には資格取得を目指していくことはできないでしょう。国家資格がない今だからこそ、積極的に勉強し、資格を取得していくべきなのではないでしょうか。